躁病期と寛解期の買い物の在り方

半月ぶりに書くことになる。最近は、復職して、生活もやや安定してきたので、今回は、買い物について書こうと思う。この2週間で、ぽつぽつと買い物とした。大きな買い物としては、Apple の Air pods pro が3万円弱、そして ipad miniのケースが6千円強。小さな物としては、iphone の保護ガラス張り替えと iphoneケースも購入した。更に、Air pods pro 用の本革ケースも5千円弱で購入した。8月には、2枚のクレジットカードの合計引落とし金額が10万円くらいになる。

私は、車もないし、酒も普段は飲まないし、独身なので、多少は使っても大丈夫だ。最近では、禁煙にしチャレンジしており、これが成功すれば、かなり金が浮く。買い物は私にとって大切な趣味のひとつである。しかし、無駄な物は買わないようにしなければならない。私の大きな失敗例としては、まず、2018年秋頃の躁転時だ。約120万円と70万円の時計を2つと買った。その他ドローン,4K ビデオカメラ、VRでゴーグル、、高額な衣服その他諸々を思いつくままに買いあさった。結果的に、その時の躁転では、400万円ほどの損失を出した。また、同様な症状が2020年2月頃に発生して、300万円ほどの損失を出した。貯蓄があったから借金はせずに済んだものの、五十路を迎えようとしている今、老後の貯金がやばいです。

しかし、買い物は限られた小遣いの範囲内でやれず、問題ないだろう。店を巡ったり、ネットショッピングするのはとても楽しい。それもみな、金が基本となっている。復職してしばらくして、給料が入ったがら買い物する気持ちにもなったから。休職中は今後の生活の見込みも立たず、ショッピングどころではなかった。これからは、休職する事なく、バリバリ稼ぎたいものだ。復職して2カ月が経過しようとしている中、今度は仕事に目を向け、質と量を追求してゆきたい。

Twitterもよろしくね!